起業するならWordpressでホームページを作ろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供手当ての所得制限は可能か

子供手当てに所得制限をすべきという要望が出されていますね。

亀井大臣が「鳩山首相の孫にも子供手当てというのはおかしい」と発言しましたが、確かにそう思います。

ところが所得制限する場合、どこで線を引くかがとても難しい判断になります。

かりに年収800万円で制限するとした場合で子供一人と仮定すると、800万円超の世帯には子供手当てが支給されませんが、780万円の世帯には31万円が支給されることになります。

すると、年収780万円の世帯のほうが総収入が多くなりますね。これはおかしいです。

これを避けるためには、配偶者特別控除のように所得に応じて支給額を増減させるという方法が考えられます。あるいは、子供手当て支給額は世帯所得に関係なく同額にしておいて、年収に応じて所得加算するような制度に変更することも考えられるでしょうが、いずれにせよ今からこれを制度設計するのは時間的に厳しいでしょうね。

また、サラリーマンと自営業者の所得把握に濃淡が見られる現状で、どのように課税の公平を実現できるのかは大きな課題です。少なくとも納税者番号制度が導入されるまでは無理なのではないかと思いますし。

こうやって見てくると、所得制限という話が出てきた段階で、今年の初めにあった「定額給付金」の議論とまったく同じです。喧々諤々やって結局所得制限は無理だとなったので、今回2010年度のの所得制限もできないのではないでしょうか。

関連記事

theme : 会計・税務 / 税理士
genre : ビジネス

名古屋税理士・公認会計士 勝野会計事務所official site

comment

Secret

プロフィール

勝野弘志

Author:勝野弘志

ブログ情報①



ページランク

現在の閲覧者数:

banner

リンク
Twitter
検索エンジン
RSSリンク
カテゴリ
最新コメント
最近のトラックバック
免責事項
当ブログをご利用いただく際には、次の事項にご注意ください。

当ブログのコンテンツの正確性の保持については充分注意をしておりますが、誤って不正確な情報や誤植を含む情報が掲載される場合があります。

情報が不正確であったこと、および誤植があったことにより生じた損害について、当方では一切の責任を負いません。また、当ブログのコンテンツについて、正確性など、当方はいかなる保証をするものではありません。

個別の記載内容については、個別事情等により取り扱いが異なるケースも考えられます。また、説明が複雑になることを避けるため、一部に法律用語によらない表現や詳細な説明を省略している場合があります。

実務における最終判断に当たっては専門家にご相談くださいますようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。