起業するならWordpressでホームページを作ろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済対策と消費者心理

定額給付金がこの4月中に交付される見込みです。一人12000円程度をもらっても波及効果はないとか、なにかと物議をかもした制度ですが、いざ決まって支給されるとなると、不思議なものでテンションも上がり気味です。

同じく高速料金割引も、

『1000円で乗り放題とはいうものの、民営化されたはずの道路公団への5000億円もの補助金がだされるということだから、結局は税金で負担されているのだ』

とはいえ、やはりこれも制度化されるとどこか出かけようか、という気になりますね。

購買活動に消費者の心理というものは大きく依存するのかもしれません。

巷では「政府紙幣」を発行すべきとの見解もあるようですが、もしも百万円単位とかで政府紙幣が配られるようになったらものすごいことになりそうですよね。効果・問題点などはよくわかりませんが。

(そういえば、ガソリン暫定税率を廃止するか否かといった議論で、政府自民党は、地球温暖化対策に逆行するとして暫定税率を維持すべき、というような見解を示していたと思いますが、高速料金割引は温暖化対策に逆行するのではないでしょうか?)
関連記事

theme : 会計・税務 / 税理士
genre : ビジネス

tag : 経済対策 定額給付金 高速料金割引

名古屋税理士・公認会計士 勝野会計事務所official site

comment

Secret

プロフィール

勝野弘志

Author:勝野弘志

ブログ情報①



ページランク

現在の閲覧者数:

banner

リンク
Twitter
検索エンジン
RSSリンク
カテゴリ
最新コメント
最近のトラックバック
免責事項
当ブログをご利用いただく際には、次の事項にご注意ください。

当ブログのコンテンツの正確性の保持については充分注意をしておりますが、誤って不正確な情報や誤植を含む情報が掲載される場合があります。

情報が不正確であったこと、および誤植があったことにより生じた損害について、当方では一切の責任を負いません。また、当ブログのコンテンツについて、正確性など、当方はいかなる保証をするものではありません。

個別の記載内容については、個別事情等により取り扱いが異なるケースも考えられます。また、説明が複雑になることを避けるため、一部に法律用語によらない表現や詳細な説明を省略している場合があります。

実務における最終判断に当たっては専門家にご相談くださいますようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。